ヒトトナリ
井上 ちえ「全てのママがロールモデルと繋がる未来に」

【名前・所属】

井上ちえ 慶應大学大学院メディアデザイン研究科修士課程

民放テレビ局で10年間、ニュース番組制作→宣伝広報の仕事をしていました。結婚・出産を経て2016年にテレビの仕事を離れ(退職)、自身のキャリアや強みを俯瞰したいという思いから、慶應大学大学院でメディアデザインを学んでいます。大学院外の主な活動としては、「全てのママがロールモデルと繋がる未来に」をテーマに掲げ、働くママの応援活動をワークルの仲間としています。仕事面では2017年3月に「PRプランナー」として起業し、スタートアップの会社、起業女性をターゲットにメディアPRのサポートを始めました!

【あなたのwill~ありたい姿、やりたいこと・興味のあること~】

人と人の繋がりが「未来の自分」を築き上げる

新たな出会いの積み重ねこそが、私の未来を築いてくれると信じています。私自身のこれまでを振り返ると、テレビ局で働き始めた時、ママ学生として大学院に通う時、働くママのサポートを始めた時、PRプランナーとして起業した時。必ずといっていいほど、私が新しい一歩を踏み出す勇気やきっかけはキーパーソンとなる「人」との出会いが原点にありました。だからこそ、これからも新しい出会いの場には臆することなく足を運びます!

「全てのママがロールモデルと繋がる未来に」

働くママのモヤモヤ、未来への不安に直面した時、
自分の一歩先を歩くロールモデルとの出会いが、
自分らしい働き方、生き方へのヒントとなり、
新たな一歩を踏み出す勇気に繋がると考えています。
でも…実際は職場や身近なところで「一歩先」の
ロールモデルと出会い、繋がることはなかなか難しい。
今回のワークショップ第一弾は、
働くママのモヤモヤをグループでシェアし、
あなたのロールモデルと出会うヒントや
きっかけを見つけることが出来る場になったらと考えています。

【できること、好きなこと、詳しいこと、伸ばしていきたいところ】

メディア全般のノウハウ・人脈、動画撮影・編集、コミュニティ形成

テレビ局で10年間働いていた関係で、3つのポイントで還元できることがあります。1)テレビ・新聞・雑誌媒体の人脈 2)ニュース取材で撮影・編集していたこともあり、プライベートでも撮影・編集が得意です。編集ソフトも自宅に装備しています。3)メディアへのアプローチ法、PR戦略立案 他にも慶應大学大学院(KMD)で研究中の「デジタルと子供」領域は子供向けワークショップ開催など得意としています。

【実績】

PRプランナーとして起業

これまでのテレビ局での経験を活かし、PRプランナーとして起業。個別セッションを開催中です。

未分類