ヒトトナリ

高橋佳歩 「心のガソリンスタンドを作ること。」

time 2016年10月29日

高橋佳歩 「心のガソリンスタンドを作ること。」

名前・所属】

高橋佳歩 慶応義塾大学総合政策学部2年

鎌倉にゲストハウスを開くことを目標にプロジェクトを動かしています。ヒッチハイクや民泊など、人と出会う旅を経験していく中で、人と出会い続けることが生きることだという価値観に出会いました。大学では鈴木寛ゼミ井庭崇ゼミに所属しており、社会学を学んでいます。高校生との出会いのきっかけでもあるFROMPROJECTでも活動しています。また、歌うことが好きで、アカペラサークルの仲間と歌ったり、ギター片手に弾き語りをしたりしています。

【あなたのwill~ありたい姿、やりたいこと・興味のあること~】

自分の心が動く瞬間一つ一つを大切にしています。

誰かに、あなたがいてよかったと言われた時、生きていてよかったなと思います。何かを成し遂げて振り返ったときに微笑んでくれる人を見て、生きていてよかったなと思います。わたしの歌で笑顔になってくれる人を見たとき、心を動かしてくれた人を見たとき、生きててよかったなと思います。 数え切れないほどの、生きててよかったと思える瞬間一つ一つが、わたしの宝物であり、何よりも大切にしているものです。

心のガソリンスタンドを作ること。

わたしたちが生きる時代に必要なのは、人との出会いによって生まれる心のガソリンだと思っています。あの人にまた笑顔を見せたいからまた頑張ろう、疲れたときはあの人に会いに行きたいな。そんな心のガソリンで溢れる場所をつくることが、わたしの目標です。

音楽で場を明るくすることはできるかも!

コードがネットにあるものならなんでも弾くので、その場が明るくなるような歌を歌えるかも、しれません。あまり自信はないけれど。

会員のコラム

会員を知る