ヒトトナリ
鈴木文一朗「 みんなが和気藹々と自分のことより他人のことを考える社会」

名前・所属】

鈴木文一朗 NECディスプレイソリューションズ株式会社

1980年早稲田大学法学部卒業、NECに入社後 マーケ部門、営業部門を歴任、3月にNECディスプレイソリューションズの執行役員を退任し、現顧問。マーケはBSC.ランチェスター理論、孫氏兵法等に精通、営業マン教育も手がける。現場の叩き上げから、大塚商会等ITディーラー、映像系はもとより、トップ人脈も数多い。最近は心のマーケに着目し、U理論.エニアグラム等を学び、組織活性化にチャレンジ中。 私的には、神社学、禅等日本文化や風水を志向。芸術の村や3×3ラボ、自分でもsocialsalon のスタッフである。特技は「雲消し」、ワインをこよなく愛する。

【あなたのwill~ありたい姿、やりたいこと・興味のあること~】

一番大切なのは人との繋がり、皆が相手の気持ちを考えるようになると争いごとが消えるかも

仏教に唯識という深層心理学がある。それによると「世の中は自分の思っているように存在するのではない。」という教えがある。これは自分の在り方を問うものである。他人は自分の心の中に作られたものであり、人は自分というフィルターを通して他人を見る癖がついている。他人を変えるのではなく自分を変えることでその癖をなくすこと。宇宙がビックバーンというひとつから始まったものならば、他人と自分は実は一心同体なのではなかろうか、万物すべても同じかもしれない。

みんなが和気藹々と自分のことより他人のことを考える社会

未来は過去の延長線上にないとすれば、これからの世界はどんなものになるのだろう。AIの進展により、人がやる仕事のほとんどがAIに取って代わられる。1945年にAIが人間の知性を追い抜くという。そうなった時問われるのは、人間は何故存在するのかという根源的な問題なのかもしれない。その解決策は、世代を超えた対話にょって産まれると信じる。和気藹々とした社会のために今大切なのは対話だと思う

【できること、好きなこと、詳しいこと、伸ばしていきたいところ】

日本文化や歴史、禅など。 人脈はIT系ディーラー、コピー業界、映像系ディーラーのトップ

皆さんの真剣な質問なんでも受け付けます

会員を知る

未分類