ヒトトナリ
石橋智晴「お互いのことをききあい、それぞれの想いを応援しあえる文化」

【名前・所属】

石橋智晴、小学校教諭、NPO法人EN Lab.

NPO法人EN Lab.の理事として全国各地の企業や団体で、まちづくり、組織開発、教育分野を中心にグラフィッカー、ファシリテーターとして活動中。年間100ヶ所以上でグラフィックファシリテーションを用いた場づくりを行っている。また、公務員の新しいキャリア形成と教育現場での対話と協働のコミュニティ作りを目指して2016年4月からは小学校教師として教壇に立っている。

【あなたのwill~ありたい姿、やりたいこと・興味のあること~】

全身できき続けること

自分自身と、目の前にいる人との関わりの中で全身でその人をきき続けたい。その人のこれまでの経験と、これからへの想いの中に生まれる小さな変化の兆しを感じ取り、ともに変化し続けていきたい。

お互いのことをききあい、それぞれの想いを応援しあえる文化

日々のコミュニケーションの中から、自分自身や相手との小さなつながりを見つけることができる人を増やしていきたい。大切にしたいことをお互いに感じ、理解することができればお互いを認め合い、応援しあえる関係が自分たちの周りから生まれてくれば、小さくも可能性の大きな変化の兆しが生まれ、それぞれが未来に向かって進む大きなエネルギーになると思っている。

【できること、好きなこと、詳しいこと、伸ばしていきたいところ】

場作り、ファシリテーション、ファシリテーショングラフィック、学校教育、NPO

人と人との関係作りを大切にし、対話と協働が常に溢れている組織やコミュニティ作りを学んでいます。その中でも、ファシリテーショングラフィックと呼ばれる想いを可視化する手法を実践してきたので、整理しきれていない想いやモヤモヤを抱えている人とともに在り、感情や思考を整理することのお手伝いができるかもしれません。

会員を知る

未分類