ヒトトナリ

谷吉一樹「熱中して、主体的にモノ・コトを考える人を増やしたい」

time 2016年10月30日

谷吉一樹「熱中して、主体的にモノ・コトを考える人を増やしたい」

【名前・所属】

谷吉一樹、株式会社ネクスト、未来の部活動プロジェクト

 

【あなたのwill~ありたい姿、やりたいこと・興味のあること~】

共感すること、発信すること

①共感すること 違和感のある意見こそまずは受け入れます。自分の意見に凝り固まらず、共感ポイントを探していくと意外な発見があると考えています。

②発信すること 必ず同じ思いを持った同志がどこかにいるので、まずは発信していくことが大事と考えています。そうした中で共感の輪を作れた時、ムーブメントが起こると考えています。

熱中して、主体的にモノ・コトを考える人を増やしたい

大学時代、就活を通じ、自分含め本気で自分の生き方を語れない人の姿を見て、自分のキャリアを主体的に考える人の少なさに焦りを感じました。この状況を解決するために、「考え方・生き方」という人間のOSの部分を、教育の力で変えていきたいです。

【できること、好きなこと、詳しいこと、伸ばしていきたいところ】

共感力と執着力

共感力と執着力が活かせると思います。共感力は、人の意見を否定せず「じゃあどうするの?」というのを考えられることです。また、執着力は、諦めずに仕事をやり切るという能力です。ワークル活動のメンバーとして、アイデアを育て盛り上げるフェーズで活躍したいです。仕事では、マーケティングを軸に活動しているので、活動の拡大フェーズでお力添えできるかと思います。

【実績】

著書、メディア、講演など

(高校時代)第2回エコノミクス甲子園全国3位

(大学時代)学生団体:海外被災地に向けた約2500人の寄付とメッセージ集め

(新卒1年目)社内新規事業コンテスト優秀賞

会員のコラム